<< マルチプラットフォームなPython開発環境 | top | MapServer , GDAL/OGR ,Python2.5 on Windowsメモ >>

MapServer , GDAL/OGR ,FWTools Python on Windowsメモ

・FWTools(2.2.1)の環境下には、Python2.3.4の環境がある。
・Pythonから、gdal.py や mapscript.py を使うのならば、
 このPython環境を利用するのが手っ取り早い
・FWToolsをインストールして、スタートメニューから
 FWTools Shell を選択すると、FWTools環境下のPythonが実行できる環境で起動できる。

・開発環境のインストールのために、wxWigets for Python 2.3 をインストールする

(2008/06/26更新)
・インストーラーが、FWToolsの下のPythonを認識するために、レジストリにPythonのインストールパスを書き込む。
→メモ帳を開いて、以下を書き込み、拡張子を .reg にして保存。
保存した .reg ファイルをダブルクリックするとレジストリに書き込まれます。
Windows Registry Editor Version 5.00

[HKEY_LOCAL_MACHINE¥SOFTWARE¥Python¥PythonCore¥2.3¥InstallPath]
@="C:¥¥PROGRA~1¥¥FWTOOL~1.1¥¥python¥¥"


 ・ダウンロードするファイルがZIP以外の解凍には、eo が便利です。
  ■eo
  http://www.vector.co.jp/soft/win95/util/se117996.html

  ■wxPython(Python2.3用の、win32-unicode をダウンロードする)
  http://www.wxpython.org/download.php

・開発環境としては、SPE(Stani's Python Editor)が、コード補完機能を
 もっており便利である。wxGladeによるユーザーインタフェースのデザインも
 可能であるが、うまく起動できないことがある。
 wxGladeを単独でインストール場合はちゃんと動く。
 ■wxGlade
 http://wxglade.sourceforge.net/

 ■SPE(Stani's Python Editor)ダウンロード Archive
 http://developer.berlios.de/project/showfiles.php?group_id=4161

(2008/06/27)
 ・SPEは、Python2.3用のものをダウンロードするが、Windows用の0.8.2a-wx2.6.1.0-py23.exe を使ってもうまくいかない。このとき、SPE-0.8.#.#-wx2.6.1.0.tar.gz をダウンロードして、解凍して作成されたフォルダ内の、setup.py を使ってインストールする。
・スタートメニューから、FWTools Shell を立ち上げてから、
python setup.py build
python setup.py install


 ・起動するには、..¥FWTools¥bin と、..¥FWTools¥python にパスを切る必要があるので、
  以下の内容を記述したバッチファイルを作ってこれを起動すると便利である。
set PATH = C:¥PROGRA~1¥FWTOOL~1.1¥bin;C:¥PROGRA~1¥FWTOOL~1.1¥python;%PATH%

C:¥PROGRA~1¥FWTOOL~1.1¥python¥pythonw.exe C:¥PROGRA~1¥FWTOOL~1.1¥python¥Lib¥site-packages¥_spe¥SPE.pyw


・PyQtを使いたいので、Qtのダウンロードと、PyQtをダウンロードする
 ■Qt/Windows Open Source Edition
 http://trolltech.com/developer/downloads/qt/windows

 ■Riverbank SIP
 http://www.riverbankcomputing.co.uk/software/sip/download

 ■Riverbank PyQt4
 http://www.riverbankcomputing.co.uk/software/pyqt/download

 ・コンパイルには、MinGWが便利である。
  ■MinGW
  http://www.mingw.org/
  インストールは、Full で入れるとよい。
  ・下記の操作を行う前に、環境変数PATHに、C:¥Qt¥4.4.0¥binとC:¥MinGW¥bin; を加えておく。

  ・SIPのインストールを行うには、FWToolsの..¥python¥libs に、
   libpython23.a が必要である。
   これは、以下のサイトからダウンロードするか、MinGWに含まれる、
   pexportsとdlltool を実行することで作成できる。

  ■Using Python to solve problems in bioinformatics
  http://bonsai.ims.u-tokyo.ac.jp/~mdehoon/software/python/cygwin.html

C:¥PROGRA~1¥FWTOOL~1.1¥bin¥python23.dll > C:¥PROGRA~1¥FWTOOL~1.1¥bin¥python23.def
--dllname C:¥PROGRA~1¥FWTOOL~1.1¥bin¥python23.dll --def

C:¥PROGRA~1¥FWTOOL~1.1¥bin¥python23.def --output-lib C:¥PROGRA~1¥FWTOOL~1.1¥python¥libs¥libpython23.a


 ・SIPのコンパイル(FWTools Shellを起動して、コマンドラインから)
  python configure.py -p win32-g++
  make
  make install

 ・PyQtのコンパイル(FWTools Shellを起動して、コマンドラインから)
  python configure.py -p win32-g++
  make
  make install


・MapScriptに関しては、MS4Wの最新ものをダウンロードして解凍後、
ms4w¥Apache¥cgi-bin¥mapscript¥python¥build¥mapserver-buildkit¥Python-2.5.1¥Lib¥site-packages
の下にある、
_mapscript.pyd mapscript.py mapscript.pyc


C:¥Program Files¥FWTools2.2.1¥python¥Lib¥site-packages

にコピーします。Pythonのバージョンが異なりますがいまのとこ問題なく動いています。

・SPEを起動して、

import mapscript
import gdal
from gdalconst import *

aa = mapscript.mapObj("")
print aa.name

gdal.AllRegister
dataset = gdal.Open("c:¥¥temp¥¥erdas¥¥test.img", gdal.GA_ReadOnly)
print dataset.GetProjection()


などとして実行すると、
MSPROJCS["_MI_0",GEOGCS["Tokyo",DATUM["Tokyo",SPHEROID["Bessel_1841",6377397.155,299.1528128254262]],PRIMEM["Greenwich",0.0],UNIT["Degree",0.0174532925199433]],PROJECTION["Transverse_Mercator"],PARAMETER["false_easting",500000.0],PARAMETER["false_northing",0.0],PARAMETER["central_meridian",135.0],PARAMETER["scale_factor",0.9996],PARAMETER["latitude_of_origin",0.0],UNIT["Meter",1.0]]

のような結果を得ることができる。
bugna | Python | 11:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
URL:

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--