<< 自分のこといろいろ | top | VB.NETでMapScriptを動かす(準備編) >>

VB.NETでMapScriptを動かす(概要その1)

このブログの本題ですが、元ネタは下記のページについた、コメントにあったサンプルソースです。
■MapScript C# compilation
http://mapserver.gis.umn.edu/docs/howto/mapscriptcscompile

■CoordinateSolutions
http://www.coordinatesolutions.com/download/MapserverTestVB.zip

コメントにあるように、MapScript_csharp.dll の動作評価のために作られたようです。

VB.NETとC#というのは、どちらかで動くソースは、もう一方でもほぼ同様に書くことができる。
なので、ネット上でVB.NETもしくはC#のソースコードを見つけたら、VB.NET←→C#の言語コンバーター(トランスレーター)ツールを使って、お好みの言語に変換して利用するなんてことを、たぶん、たくさんの人がやっていることと思う。

@ITさんの記事は、両方併記のものが多いですね。

.NET Framework 自身が、CLR上で実行するので、もとになるMSILはどんな言語で作って(コンパイルして)もOKというような感じです。
■CLRとは 【Common Language Runtime】 - 意味・解説 : IT用語辞典 e-Words:
http://e-words.jp/w/CLR.html

なので、「csharp」となっていますが、VB.NETでも動くはずです。動きます。

方法は順を追ってソースコードを貼り付けていきますが、要は、MS4W(MapServer for Windows)の..\ms4w\Apache\cgi-binフォルダ直下にある関連するDLLと、..\ms4w\Apache\cgi-bin\mapscript\csharp にある2つのDLLを全部コピーして、プロジェクトの中で、mapscript_csharp.dll に参照設定すれば、VB.NETだろうがC#だろうがJ#だろうが、MapScriptが使えるということなのです。

bugna | MapScript | 14:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
URL:

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--